日本は世界からみても早漏の人が多いといわれています。早漏には治療薬が存在して多くの種類が製造・販売されています。その中でも早漏治療薬として有名なのは《プリリジー》です。プリリジーについて細かく詳細をお伝えします。

早漏治療薬の副作用、匂いによる嘔吐に注意

近年、ストレスの多い生活を送っている現代人の中には、早漏で悩む男性が密かに多いようです。
人には打ち明けづらい悩みなので、パートナーに恥ずかしくて言えずにコミュニケーションがとれずギクシャクしてしまったり誤解されてしまったりという人も少なくないのではないでしょうか。

そんな早漏で悩む人のために治療として早漏治療薬が多く開発されています。
もちろん早漏治療薬によって症状が改善されたという人もいれば、薬によっては変化が感じられなかったりという人もいて改善されたかどうかは様々です。

また、早漏治療薬を服用することによって、全く副作用のない人もいれば、副作用に悩まされる人もいます。
副作用も頭痛やめまいを訴えることもあれば、下痢や吐き気といった症状を訴えることもあり、これもまた個人によって違ってきます。

嘔吐特に副作用の中でも嘔吐は、ただ単に薬を飲んで嘔吐するというだけでなく、匂いに対して気分が悪くなり嘔吐するという場合もあります。
この匂いに対して嘔吐するというのは注意が必要です。
早漏治療薬を服用することで嗅覚が過敏になっていたり、嗅覚障害を起こしてしまっていると考えられるためです。
それによって食事を摂ることが出来なかったり、性行為の最中にも匂いが気になってしまって嘔吐してしまうということも考えられます。

なので副作用が表れてしまった場合には、たとえ早漏の症状に改善がみられたからと言っても使い続けずに使用をやめましょう。
薬を飲んでからの嘔吐は薬の成分が消えると症状が改善しますが、匂いに対しても嘔吐してしまう副作用の場合は、くせがついてしまい、匂いに対して嘔吐してしまうのが日常的になってしまってからでは遅いのです。
なので早漏治療薬を飲む際にいは注意が必要です。

飲む早漏治療の薬は射精を遅らせるために自律神経などに働きかけるわけですから、体が拒否する副作用を起こしても不思議ではありません。
なので自分の身体と向き合いながら無理なく服用するようにしましょう。

嘔吐が続く場合は薬以外の治療法に移行しましょう

早漏を治療したいけれど、副作用として嘔吐が止まらないと悩む人は、別の治療法をみつけましょう。

体が拒否反応を起こしているのに使い続けては身体の調子を崩してしまいます。
では早漏の治療法は薬の服薬以外に何があるのでしょうか。

手術
まず男性専用のクリニックを利用する場合には、クリニックにもよりますが、亀頭を敏感に感じさせないようにヒアルロン酸などを注入する治療が施される、手術という選択肢もあります。
もちろんこれらの治療をクリニックで受けたからと言って、改善するというわけではありませんが、体の飲み薬で治療をするよりも副作用の心配をしなくてもいいという面から安心感があります。
お金はかかりますが、飲薬での治療は不安だという人は試してみるといいかもしれません。
クリームや塗り薬
また、早漏防止のためのクリームや塗り薬もあります。
これも身体に合う合わないがあったり、改善できると言い切れるものではありません。
トレーニング
射精反応を鎮めるためのトレーニングというのもあります。
射精をコントロールできないから早漏になってしまうということなので、射精を自分でコントロールできるようになれば早漏で悩む必要はありません。
トレーニングの方法は、亀頭を鍛える方法や女性と一緒に射精感を抑えるトレーニング方法、射精を我慢するトレーニング方法など色々あります。
お金をかけずに自分でできるものが多くあるので、自分には治療方法が無いと諦めることなく色々試してみるといいでしょう。

最後に

そして自分が射精するスイッチというのを把握することも重要です。
どの瞬間に射精してしまうのかを抑えておけば、そうならないように視覚的なカバーをしたり、体位を変えたりして早漏を回避することができます。