日本は世界からみても早漏の人が多いといわれています。早漏には治療薬が存在して多くの種類が製造・販売されています。その中でも早漏治療薬として有名なのは《プリリジー》です。プリリジーについて細かく詳細をお伝えします。

早漏の原因は脳にあった!?心因性PEとは

一般的に早漏の原因というのは、ペニスが皮を被ったままの状態であることや、亀頭部分が過敏すぎるせいで起こると思われています。
男性の多くが一度は早漏の原因についてこのように聞いたことがあるはずです。
それというのも、早漏というのはペニスと密接に関係している症状ですから、そのような考えに至るのは当然のことといえます。

このために、早漏の原因はペニスそのものの状態にあると思われがちですが、実際には大まかに分けて2つの原因が存在しています。
心因性の早漏と身体的要因の早漏です。
そして、早漏を患ってしまっている人の大半の原因が、心因性のものと判断されています。
これを心因性PE(PE=Premature Ejaculation)と言い、PEは日本語で早漏症のことをさします。
心因性PEの原因は主に性行為に対する過去のトラウマや女性経験の浅さ、ストレス、そしてオナニーのやり方などと考えられています。

残業ばかりが続く仕事での激務や過剰なまでの家族サービスを求められる家庭での肩身狭い生活、仕事でミスをしたらリストラされてしまうかも知れないという恐怖心、家庭内不和など。
現代社会で男性が受けるストレスというのは、計り知れません。
加えて、過去に性的体験において悔しい思いをしていたり、悲しい思いをしていると、セックスに対して劣等感や不安・恐怖や緊張を強く抱く結果となってしまいます。

このような不安や緊張、ストレスなどから生じた脳内の神経伝達物質セロトニンの不足から、射精の時間がはやくなっていってしまいます。
通常ですと脳内にセロトニンを増やすことにより精神状態を安定させ、過剰な興奮を鎮めることができます。
しかし心因性PEの症状を抱える人の場合は、セロトニンが正常に増えていかないことで感情のブレーキがきかなくなってしまい、興奮を鎮めることができない状態となってしまっているために、射精までの時間が非常に短時間になってしまっているというわけです。

外部リンク

早漏には心因性PE以外にも原因があるとされています。
心因性PEやその他の原因については専門のクリニックサイトを参考にするといいでしょう。
早漏とは|ED治療薬の処方は東京都港区新橋ファーストクリニック

早漏の薬は心因性PEによく効きます

主にメンタル面に不調をきたすことで突然生じる心因性PEは、一般的なPEとは若干異なり、訓練などで克服できないというデメリットがみられます。
自分でどうにかしようとしても気合いだけではどうにもならない部分があるため、心因性PEの症状が見られた際には、心因性PEを改善するために作られた治療薬を用いることをおすすめします。

心因性PEに効く治療薬は海外製の医薬品となりますが、症状に対して確実な効果を発揮してくれるものとなっています。
海外製の心因性PEに効く治療薬は主にインターネットで入手可能で、友人や家族などの誰にもバレることなく、密かに改善していくことが可能です。
治療薬の効き目はとても穏やかであり、海外製医薬品ながらも身体に優しいのが特徴です。
また副作用の危険性も低く、一般男性でも気軽に試すことができます。

海外製の医薬品がなぜ心因性PEに効くのかというと、その理由はセロトニンを増やす効果があるからです。
とくに有効的かつ使用しやすいものとしては「ダポキセチン」があり、この治療薬は非常に効き目が早く、性行為の前の無い服だけで改善効果がみられます。

日本で内服薬として提供されるのは、射精に関わる交感神経の過剰な興奮を抑えるための抗うつ剤が主で、これには副作用があります。
そのうえ効果が出るまでには長い時間を要し、有効率を求めるためには毎日ない服を続けていく必要があります。
一方、ダポキセチンの有効率は約70パーセントとされており、毎日飲む必要もありませんし副作用も強く出ません。
こういった面において、心因性PEの改善には海外製の医薬品の方が優れているということを理由として、海外からの輸入がベストだといえます。